決断と行動|あおラジの始まり(前編)

シェアする

よく組織・団体の立ち上げや合意形成、運営・経営等相談を受けます。

その中でも、立ち上げのところの相談を今でもよく受けます。

昔NPO支援機関にいたときはそれが専門だったので、桁違いに多くの相談を受けました。

結論です。

活動の始まりの際に重要なことは、

①やると決めること

②将来像の明確化(ここでは5~10年後にどんな社会にしたいか?)

シンプルにいうと、

やるか?するか?

やらないという選択はありません。

あとは、他人事でなく「自分事」であること。

自分がやらなければ誰がやるという気持ちですね。

経験上ですが、相談に来る方のほとんどはすでに心の中で「やる」と決めています。

ただ、第3者の共感や背中を押してほしい、それだけの理由です。

「やりたい」を「やる」にする。

やる理由、課題とやること(活動内容)は、相談者はぼんやりながらも考えています。

それを将来像とやる意志につなぐような整理をしてあげる。

それができると、法人の定款はほぼほぼできてしまいます。

あとはお役所的な作文です。

さて、本題です。

私も決断と行動の連続でした。

いや「連続です」。

未来は、今の積み重ねです。

今もなお、決断と行動をし続けています。

今回は、あおもりラジオくらぶ(あおラジ)の始まりに関するリアルストーリーです。

2006年5月、現あおラジ副代表の奥様とお酒の席でご一緒しました。

その方は突然こんなことを言い出したのです。

「浅虫のビーチに良さげな音楽が流れていない」

ラジオ好きの私を察してか、なにか面白いことやったら?という促しでした。

当時私は、本業を持ちながらもエフエムジャイゴウェーブでの番組を持ち、その影響を受け、ラジオ好きな仲間が私のところに集まってきていました。

その仲間の一人があおラジの現理事・事務局長ですから、まさにあおラジの前身みたいなものでした。

その言葉を受けて・・・「天」から降ってきました。

それは映画「波の数だけ抱きしめて」の浅虫版。

青森市の浅虫にあるビーチに期間限定で、音楽ステーションを開局するということでした。

もちろん映画同様、ミニFM局です。

その夜、彼に電話をしました。

「やるから日程を調整してくれ。」

今考えると本当に強引でしたが、彼も快諾し、ひと夏の一大プロジェクトが始動しました。

ステーションネームは「kanon fm(かんのんえふえむ)」。

周波数は88.6Mhz。

なぜ「かんのん」なのか?

送信所兼演奏所(スタジオ)が、浅虫道の駅近くにある「銀杏観音像」だったからです。

現あおラジ副代表の所有物件で無償貸与していただきました。

そして、2006年7月23日(日)10:00

ひと夏(限り)のビーチステーション「kanon fm(かんのんえふえむ)」が開局しました。

・・・中編に続く。